最近おもしろかったマンガ

先日、ようやく「聖☆おにいさん」の10巻を読んだ。これが、おもしろかった。巻によって、ちょっとだれてるなとか、ノッてるなとかあるけど、今回は後者。
おそらく10巻ともなると、もはやファンしか買っていないと思うのでオススメというのもあれだけれど、安定感が出てきた気もするし、このふわっとしたゆるいノリは他に無い作品だろうと思う。
内容は説明するほどのこともないし、説明をしてもうまく伝わらないのだけれど、個人的にツボだったのは断食オフ会ノリで鼻息の荒いブッダ、である。全体的にキリスト教ネタでボケつつ、ブッダが突っ込むという感じの構成なんだけど、この断食話でノリノリになるブッダは良かった。というか、書いていて何を言っているのかよくわからなくなってきたけど。私の好きな漁師兄弟の出番が多かったのも良かった。
聖☆おにいさん(10) (モーニング KC)
中村 光

4063883345
講談社 2014-05-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

たまたま見かけて買ったら正解だったのが、おおひなたごうの「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」。作者とタイトル、表紙から何となく予想していたが、それ以上に良かった。本当にくだらない。とりあえず2巻まで買った。目玉焼きから始まり、カレーやトンカツ、納豆などなど、いろんな食い物の食べ方を無駄に暑苦しく描いていて、とても好き。泉昌之を思い出す世界というか、重箱の隅を丹念に突くどうでも良いんだけど、共感が持てる食の話。こういうの好きです。
カレーのところで、ルーとご飯の配置は左右ではなく、手前と奥の配置もあるだろと思いながら読んでいたのは私だけでは無いはずだ(私は奥のご飯をルーに侵略させながら食べる派です)。
目玉焼きの黄身 いつつぶす? 1 (ビームコミックス)
おおひなたごう

4047289108
エンターブレイン 2013-05-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>