普段のノートに測量野帳

仕事などで普段使うノートをどうしようと迷いつつ、先月末にコクヨの測量野帳に変えてみました。
これ。
Untitled

縦16センチ、横9センチとコンパクトな手帳。
とても良いです。しばらくこれで行こうと思っています。

メモ、ノートに何を求めるかは人それぞれかなと思いますが、私の場合
・大きすぎない
・紙面が方眼タイプ(罫線タイプが苦手)
・カバーが固いこと(机の上じゃなくてもOKな)
・あくまでメモなのでダイアリーとかは不要
といった辺り。
そんな大したこだわりではない、はずなのだけど、しっくりくるのはなかなか難しい。

去年までニーモシネのA5ノートパッドを使っていました。
これです。

良い評判が多く、確かに悪くはないのです。しかし、ノートパッドタイプで書いたらどんどん剝がして、必要なのは保存しておく、というのが使いこなせませんでした……。というのも、どれも捨てられず、結局ポケットにいっぱい溜まってしまい、どうにも具合が悪い。ああ、やっぱり普通のノートにするんだったと半年くらいで気付きました(最初に気付けという感じですが)。一度、スキャンして捨てるというのもやってみたものの、PDFだと整理と見返すのが意外と面倒。アナログの方がまだまだ便利だなあと実感。
紙が無駄に高級で書きやすかったし、細部までよく出来ていたと思うのですが、残念ながら今年は使わないことに。

同じニーモシネにリングノートがあって、それも新しいノート候補ではあったのですが、この辺のブログ記事や本家コクヨの記事などを見て、測量野帳?ということでハンズに行って手にとって即決しました。
最愛メモ帳が代替わりしました – インターネットの備忘録
アナログでメモるなら測量野帳です おかゆ MacBook
コクヨのホンネ06

まず、野帳ってくらいなので外で使える作り。表紙の固さは十分。間違いなく立ったまま書けます。
そしてちょうど良い薄さ。ジャケットの内ポケットとかに入れても全然邪魔にならない。最初薄すぎるかな?と思ったけど、この携帯性の高さは素晴らしいです。もちろん鞄の中でも邪魔になりません。
あと開いた時に綺麗にフラットに開くのが、とても良いです。左右両面を1ページとして大きく使えます。90度横に倒してという使い方が上のブログやコクヨのページにもありますが、この使い方は確かに良いです。アイデア帳みたいな用途にとても合ってます。

方眼の色もロディアよりちょっと薄いかなくらいで、これも見やすくて良いです。
Untitled

測量野帳という堅い名前とそれに合った雰囲気でシンプルな表紙。落ち着いた緑もGood。しかも、安い。
何だかコクヨの回し者みたいに絶賛してますが、本当に気に入りました。私としては、モレスキンとかより絶対こっちです。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>