談春@かめありリリオホール

もう1週間も前(3月13日)に行った立川談春独演会。なんだけれど、どうにもうまく感想が書けないので放置していた。
演目は次の通り。

こはる 「十徳」
談春 「厩火事」
-仲入り-
談春 「蒟蒻問答」

談春の一席目は「厩家事」。厩火事といえば、古くさいけど文楽で、当たり前だけれどそれに比べるとずっと現代的。ただ、そんなに変えている訳でもなく、きっちり古典。にも関わらず、何故か現代的に聞こえる。その辺が談春の素晴らしさ、上手さなのかなと思う。「蒟蒻問答」も同様。「シシカバブ問答」なんて改作を演じる談笑とはその辺が大きく違う。どっちが好きかは、また別の問題だろうけど。

この日一番感じたのは会場の熱気。みんな本当に楽しみにしていたんだな、というのが否が応でも伝わってくる。何しろ、談春のチケットは取るのが大変。本人も恐縮していたが、それだけ期待感がある訳で、そんな空気というのが、何とも言えず良かった。個人的に言えばすごい感動は無かったけれど、そういう場に居合わせられたのは良かった。落語ファンとして、これからこの落語家を同時代で見ることが出来るというのは、やっぱり幸せなことなんじゃないかな思う。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>